お金が必要になった時に頼る先はやっぱり両親?

「今日、明日にもお金が必要になって困ったこと」と言えば、幼稚園の役員をしていた頃の「立て替え」ですね。幼稚園のお楽しみ会の準備に必要な材料は、前もって会計さんから預かるのではなく、基本的に立て替え払いで後日の清算です。

ここで常識ある一般的な家庭でしたら、財布に一万円ぐらいは入っていることでしょう。しかし私の場合は、基本的には日常生活ではほとんどクレジットカード払いであり、そしてその当時は給料日前ということもあって、立て替え払いに必要な金額も残っていなかったのですよね。

まあ、毎月結構無理めな定期預金をかけていたということもあるのですが、いかんせん現金がほとんどない状態ですから、こういったときに困るのですよね。まあ、支払いの具体的な金額は2万3千円ほどであり、一般的な家庭でしたら立て替えられないぐらいの金額ではないことでしょう。

しかしわが家の場合は、その当時は毎月ギリギリぐらいの金額で生活をしていて、なおかつ定期預金は途中で引き出すことができません。解約すれば好きなだけ引き出すことができるのですが、けれども言ってみればたかだか2万3千円ほどの現金のために、3桁万円の定期預金を崩したくはなかったのですよね。まあ実際に2万3千円の現金がないのですから、解約が賢明だったのかもしれませんが。

ここでもう開き直ったお母さんでしたら、「すみません、給料日までにお金ないので先にお金ください!」と言えるのでしょうけれど、私は変に見栄っ張りなところがあって、なんとかかき集めようとしましたね。

そして結局、私の身体の不調を理由に、実家の両親にお借りしました。やっぱり必要になったお金がなくて困った場合は、頼る先は両親ですね…。

(お金借り入れなら・・・http://tavarua.jp/

私なら絶対に消費者金融からお金を借ります

私は消費者金融からお金を借りた経験があります。

その時になぜ家族や親類からお金を借りなかったか、それは私が家族と疎遠だからという理由が一番ですが、それだけではありません。

「友人からお金を借りる時には友人と縁を切るくらいの覚悟で貸し借りをしろ」という言葉を聞いた事があります。
それが誰かの格言なのかは不明ですが、これは家族にも当てはまると私は思っています。

一番頼りになるものが家族かもしれませんが、疎遠とはいえ一番大切にするべきものも家族だと、私は思っています。
ですので数十万円の貸し借りならば、家族と変な軋轢を生むくらいならば私は消費者金融からお金を借ります。

それから消費者金融から何度もお金を借りても、返済さえすれば何も問題は起こりません。そこが消費者金融の一番いい点だと思います。

これが家族、知り合い全ての人に言えますが、個人からお金を借りてしまうとその人に対して貸しが出来てしまいます。

家族からお金を借りる事で、もしかしたら利子がいらないと言われるかもしれません。ですがその代わりに一生、その人に貸しを作ることになります。

もしかしたら「あの時お金を貸したんだから」と言われるかもしれません。大切な人達と私はそういったやり取りをして、人間関係を壊したくないので、消費者金融からお金を借ります。

それに消費者金融ならば毎月決まった額を返済出来ますが、家族からお金を借りた場合、きちんと決めない限りいつ返してもいいと言われると思います。

いつ返してもいい、それは急に返してほしいと言われる可能性もあるということです。

色々な企業やプロの人達がいるように、消費者金融はお金の貸し借りのプロなのです。
本当に必要なお金ならば、消費者金融から借りるべきだと私は思います。

私のすぐにお金が必要になった時とその対処法について

私が日々生活をしていてお金が今すぐにでも必要になる時というのはパチンコや競馬などのギャンブルをしている時です。

それはどうしてかというと、私はこの手のギャンブルをしていると負けが込むとすぐに負けた分を取り戻そうと思って予算が尽きた場合でも諦めないで、消費者金融に行ってお金を工面するからです。

ですが、だからといっていつも無計画にギャンブルをやろうと思ってパチンコや競馬に行っているわけではないです。最初はいつも予算の範囲内でギャンブルをやろうと思ってやっています。

ですが、結果として負けが込んだ時に負けた分を取り戻そうと思って、そのためのすぐにお金を用意しようといつも利用しているのが消費者金融というわけです。

でも、どんなにお金に困ってお金が欲しいときも家族や友人からお金を借りようと思った事はないです。
その代わりに利用しているのが消費者金融です。それでいつも何のストレスもなく
安心してお金を借りれています。

ですから、私はこれから先もお金に困った時は上記のように対処するつもりです。

コンビニの利用について

私がコンビニを利用するのは、演劇などのチケットを引き取りに行くときと、ちょっとしたおやつを買いに行くことが多いです。

チケットは今はネットで買ってコンビニで引き取り、というパターンが多くて手数料も安く設定されている場合が多いのでよく利用しています。決済までネットで行っていると、レジでチケットに引き換えてもらうだけなので、とても楽です。引き換えられるコンビニも、数種類ある場合が多いので、自宅近く、仕事場近くといった都合の良い店を選べて便利です。

おやつは最近どこのコンビニでも充実してきているので、ちょっと疲れたとき、甘いものが欲しいなと思ったときにはよく利用しています。自宅から歩いて気軽に行ける距離にあるというのも大きいですが、あまりちょこちょこと買うのは無駄遣いになるので、ほどほどの間隔にするように自制しています。

コンビニのATMはどうしても手持ちのお金が少なくなったときにしか使いません。
やっぱり手数料が高い、と思うからです。

目標が決まると人はお金がほしいと思う

何か目標が定まったときにお金がほしいと思うようになるように感じます。
例えば「○○がしたい」そのためには○○が必要で、それを買うにはお金が必要だ、といった具合に。
私の場合は特に形から入るタイプなので、「仕事ができるようになりたい」そのためにはスキルが必要、
そのためにはスクールに行きたいので通うためのお金が必要となりました。
そのためのお金を捻出するためであればどんなつらいことにも耐えられ、モチベーションが上がります。
またこの世の中はうまくできているもので、何かをやろうと思うと必然的にお金がかかるようになっています。
逆を言うと、人がやりたいと思うことはすべてビジネスになるということです。

お金を調達する方法は地道に働く以外にないと考えております。
そのお金を稼ぐ過程も「目標」としていることへのステップになっていると思います。
自分で汗水たらして稼いだお金で通うスクール、買った服というのは大切さが全く違いますからね。

細々と生活するのが1番

家はいつも家計が火の車です。旦那の給料は激安なのに、税金や諸々の支払いにお金がかかって毎日月末になると大変な思いをします。

お金が無くても私は絶対消費者金融からは借りません。借りるとすれば、銀行親でしょうか。旦那の親の方が借りやすいのでお願いするかもしれません。

お金がなくても、給料日まであと3日等、1週間以内なら余裕で生活できます。お金があるときに買ったお野菜や、肉などを月末のことを考えて冷凍しておきます。だから月末はほぼ解凍解凍みたいな生活をしています。

更に大根の葉なども使ってどんどん使用して生活しています。

地方に住んでいるので、車を持っていますがガソリン代がかかるのでお金がないときは職場に行く以外乗らないようにしています。

残高が不足している時は、違う通帳に貯めておいたお金を回します。支払い用の通帳、貯金用の通帳など分けておいています。支払い場所は一つにまとめているので、不足するとすぐわかります。工夫して生活しています。

創業時の苦しみを救ってくれた金融会社

私が独立して間もない頃、運転資金がないために大きな案件を断らざるを得ない状況が続いていました。
懇意にしてくださるお客様もそういうことが続けば、当然に他社へ頼まざるを得ませんし、苦しい状況が続く日々でした。

そんな時にインターネットで目にしたのが消費者金融でした。

藁をもすがる思いで連絡し、事業計画書等を持って行って、担当の方に必死に訴えたのを今でも懐かしく思い出します。
話していて思ったのは、銀行よりもよく話を聞いてくださっているという事です。
銀行では保証協会と呼ばれるところの保証がなければ基本的には融資を受けれないようで、創業して数か月の私は箸にも棒にも引っかからない状況だったらしく、「ご自分で保証協会で保証を取り付けてから来てください」とけんもほろろでした。

結果としては案件を受けるには十分な資金調達ができ、その売上げが入り無事にお返しすることもできました。
驚いたのは、そのたった一回の実績で次の融資も検討しますからと言っていただき、次の案件の際にも融資をしてくださったことです。

創業して7年を経過した今では、銀行からの融資を受けることができるようになりましたが、消費者金融という金融機関があったからこそ今の私があるのだと思います。

今でも総量規制対象外の銀行よりもレスポンスが早い資金調達先として利用しておりますが、私のとって本当に大切な金融機関です。

夫は何も言わないけれど、見えない制約があること

理解ある夫で、夫は何も言いません。
けれど、言わないがゆえに、こちらの憶測が働いてしまいます。

主婦になって、夫のお金を使うということに抵抗がありましたが、何年たっても抵抗があります。節約にも努めていますが、子供に必要なものもありますし、習い事もさせてあげたい、ちょっと手抜きをしてお総菜を買ったりすることもあります。

でもそのたびに、なんだか胸が痛み、子供が一緒であれば、子供には使えますが、自分にはなかなか難しいです。スターバックスでのコーヒー一杯を、一人だと躊躇してしまうくらいです。

主婦でも精神的に独立した主婦になりたいのですが、それは性格的にかなわず、やはり自分が自分で稼ぐことが一番だとわかりました。

今は、本当にわずかですが、アンケートをネットでやったりして、雀の涙ようなお金を地味に得ています。

子供が小さく、時間が不規則なこともあり、なかなか外で働くのは難しいので、昔の私なら驚くような微々たる金額をアンケートなどで得て、喜んでいます。

コツコツと小さなことの積み重ねで節約を

限りある予算の中で、献立を考え買い物をするのは主婦にとって悩みの種です。

少しでも貯蓄に回したいのですが、あまり節約ばかりでも疲れますし、食事も栄養バランスよく取りたいところ。
自分の中でどう折り合いをつけるか、日々葛藤しています。

夫が節約に理解があると楽なのですが、やはり男の人は自分で予算を決めて買い物をする訳ではないので、
あまり理解が得られません。
主婦は100円のものでも買うことを躊躇するものですが、男の人は「100円ぐらい缶ジュースより安いじゃない」という考え方です。
例え100円でも、気安く買っていては予算オーバーになってしまいます。

でも、実際あまり夫に節約のことはうるさく言えない部分もあります。
まるで夫の稼ぎが少ないと言っているようだからです。

ですので、時折明るい雰囲気で節約を促す程度にして、陰でコツコツ節約に励んでいます。
スーパーのチラシを見比べたり、まとめ買いをしたり、節電、節水、ガスの使い過ぎに気を付けたり・・・。

出来ることは小さいですが、それでもこうした積み重ねが貯蓄となっていくのだと思っています。
これからも、あまり暗く考え過ぎず、明るい気持ちで出来る範囲の節約をしていくつもりです。